H.I.D INTERAQTICA

代表プロフィールPresident Profile

H.I.D INTERAQTICA

木村 英智

キムラヒデトモ

アートアクアリウムアーティスト
(株) エイチアイディー・インターアクティカ/代表取締役
アクアリウムクリエイターズオフィス Srl./CEO
水戯庵/主人
コンコルソ デレガンツァ/総合プロデューサー

1972年、東京に生まれる。
“アート”“デザイン”“エンターテインメント”と自身がライフワークとして追及している「アクアリウム」を融合させる『アートアクアリウム』という分野を発案・確立したアートアクアリウムアーティスト。

変幻自在な水槽デザイン、ハイレベルな水質調整、知り尽くした生体管理と組み合わされる『アートアクアリウム』という独自の分野を確立させ、アクアリウムを用いて美術館でアートとして有料展覧会を開く唯一の存在となる。
展覧会におけるインテリア、ライティング、映像、音楽、空間構成も自らデザイン・監修する。

現在では『江戸桜ルネッサンス』などを初めとする、日本の伝統産業を現代アートとして展開する新たな試みにも取り組んでおり、そこで培った経験を活かして『アートアクアリウム』の展示をリアルジャパンとして日々進化させている。
その独自の世界に伝統芸能の舞台を展開させるなど、動静様々な文化を取り入れながら『アートアクアリウム』という自身が創った日本発の新しい分野を世界に向けて発信し、2016年には活動10周年を迎えた。

東京・六本木ヒルズ〈東京アーツセンターギャラリー〉で開催された『スカイアクアリウム』、金魚に特化し日本的な作品を集めた『アートアクアリウム 金魚シリーズ』は特に有名で人気が高い。

2015年には、イタリア・ミラノで国外初開催となる展覧会「THE BEAUTIFUL WORLD OF ART AQUARIUM」を開催した。

2018年10月には、上海初となる『ART AQUARIUM IN 上海 & NIGHT AQUARIUM』を上海ワールドフィナンシャルセンター〈展望台スカイアリーナ94〉にて開催。

2019年11月からは、熊本初開催の『アートアクアリウム城 ~熊本・金魚の興~ &ナイトアクアリウム』では来場者数が10万人を突破、12月には累計有料入場者数1,000万人を達成した。

また、環境保全活動も積極的に行っており、米国フロリダの世界最高レベルの海洋学研究所であるハーバーブランチ海洋学研究所のアクアリウムマテリアルブランド〈ORA〉を日本に展開させ、アクアリウムと自然環境保護を結びつける活動や、オーシャンアスリート達と共に取り組む海の自然を考える活動「One Oceanプロジェクト」、米国・デイビッドロックフェラーJr.が設立した「Sailors for the Sea」のボードメンバーとしての活躍など、様々な活動を盛んに行っている。

2012年からイタリア・ヴェネツィアの世界最高峯のガラスアートブランドの〈VENINI〉のデザイナーとして異例な若さで抜擢され、世界的なアーティストとして本格デビューを果たした。

アーティストとしての活動の傍ら、車趣味人としての活動も目覚ましく、そこで自然と培われた自動車界へのパイプが太い。
2009年の『東京コンクールデレガンス』を皮切りに、『ジャパン・クラッシック・オートモービル』などの総合プロデューサーを歴任し、世界遺産である元離宮二条城にて『コンコルソ デレガンツァ 京都』を開催し、世界レベルのビンテージカーコンクールイベントを成功させた。
現場を仕切れる若手エンスージアストとして、自動車文化を後世に残す役割を期待されている。

そして2018年、自身が近年のライフワークとして取り組んできた伝統文化の継承やリアルジャパン復興の集大成ともいうべき“新感覚の劇場型レストラン&ラウンジ『水戯庵』”をオープンさせた。

一般社団法人 セイラーズ フォー ザ シー 日本支局 |https://sailorsforthesea.jp

【お問い合せ】
info@h-i-d.co.jp

Hidetomo Kimura

ART AQUARIUM Artists
H.I.D. INTERAQTICA Co., Ltd. / Managing Director
Aquarium Creator’s Office Srl. / CEO
SUIGIAN / Owner
Concours d’Elegance / General Producer

Born in Tokyo in 1972, Hidetomo Kimura is an ART AQUARIUM Artist who was the first to propose and establish the field of “ART AQUARIUMs”, fusing “art”, “design”, and “entertainment” with his life work of “aquariums”.

Combining phantasmagoric aquarium designs, high-level water conditioning, and a thorough knowledge of bio-management to establish the unique field of “ART AQUARIUMs”, Hidetomo Kimura is the only aquarium artist able to hold art exhibitions featuring aquariums at museums as admission charged events.
He also designs and supervises the interior, lighting, imaging, music, and space designs for these exhibitions himself.

Currently he is endeavoring to develop traditional Japanese industry as modern art through projects such as “EDO-SAKURA RENAISSANCE” and utilizing this experience, he is constantly evolving methods for exhibiting “ART AQUARIUMs” as “real Japan”.
In 2016 he celebrated 10 years of these activities as he endeavors to disseminate the new field of “ART AQUARIUMs”—a made-in-Japan field that he himself created—while incorporating cultural aspects featuring various movements, such as his development of performing arts stages within this unique world.

The “SKY AQUARIUM” exhibition, held at the Mori Arts Center Gallery in Roppongi Hills, Tokyo, and “ART AQUARIUM Exhibition: Kingyo Series”—which specializes in Japanese works featuring kingyo (goldfish)—are especially famous and popular.

In 2015, he presented “THE BEAUTIFUL WORLD OF ART AQUARIUM” in Milano, Italy, his first exhibition to be held outside Japan.

In October 2018, Shanghai's first “ART AQUARIUM IN SHANGHAI & NIGHT AQUARIUM” was held at Shanghai World Financial Center Observatory Sky Arena 94.

Kumamoto’s first “ART AQUARIUM” as “ART AQUARIUM CASTLE” held since November 2019 have exceeded 100,000 visitors. ,Finally, the total of paying ticket holders reached 10 million in December 2019.

Hidetomo Kimura is also actively involved in environmental conservation activities.
He has held Japanese exhibitions of aqua-cultured clownfish “ORA” from the world-class oceanographic research institute Harbor Branch Oceanographic Institute (Florida, USA), connecting aquariums and protection of the natural environment.
He is also involved in the “One Ocean Project”, through which he carries out ocean conservation activities with ocean athletes, and is active as a board member of “Sailors for the Sea”*, which was founded by Mr. David Rockefeller Jr.

In 2012, he was appointed as a designer for world-class glass art brand “VENINI” (Venezia, Italy) at an exceptionally young age, making his true debut as an international artist.

In addition to his activities as an artist, Hideotomo Kimura is also remarkably active as an automobile enthusiast, and he has naturally cultivated a broad connection between the worlds of art and automobiles.
He has successfully staged numerous world-class vintage car competitions events, beginning with the 2009 “Tokyo Concours d’Elegance” competition, and serving successively as general producer for “Japan Classic Automobile” and other events. He also staged the “Concours d’Elegance Kyoto” competition at the Former Imperial Villa Nijo Castle, a world heritage site.
As a young automobile enthusiast capable of taking charge in the field, Hidetomo Kimura is expected to play a role in preserving automobile culture for the next generation.

In 2018, Hidetomo Kimura opened “SUIGIAN”, a “new theater-style restaurant and lounge presenting fresh new sensations” that can be said to combine preserving and disseminating traditional Japanese culture—which he has been pursuing as his life work in recent years—with reviving the “real Japan”.

*Sailors for the Sea Japan | https://sailorsforthesea.jp

[ Contact ]
info@h-i-d.co.jp